ざわつく甲子園 巨人・戸郷の前に、阪神打線が8回までノーヒット

[ 2024年5月24日 20:07 ]

セ・リーグ   阪神ー巨人 ( 2024年5月24日    甲子園 )

<神・巨>2回無死、阪神・大山は一飛に倒れる(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 甲子園のスコアボードで阪神の安打はゼロのまま。8回の攻撃も無安打で終わると、甲子園のスタンドがザワつきはじめた。

 初めての出塁が3回2死からの及川の投手失策によるもの。5回も先頭の糸原が一ゴロも一塁手・岡本和の失策で出塁したが、1死後に坂本が三ゴロ併殺打に倒れ、二塁を踏めないまま。6回1死から代打ミエセス、そしてヒットメーカーの近本が連続空振り三振に倒れた。

 残りは1イニング。ファンも固唾を飲んでいた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月24日のニュース