ソフトバンク・ウォーカー 再昇格アピール!復調3ランに「最高の結果」

[ 2024年5月24日 05:25 ]

ウエスタン・リーグ   ソフトバンク11―4中日 ( 2024年5月23日    タマスタ筑後 )

<ウエスタン ソ・中>初回、3ランを放ったウォーカーは笑顔を見せる(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 1軍再昇格をアピールした。ソフトバンクのアダム・ウォーカー外野手(32)が23日、ウエスタン・リーグの中日戦(タマスタ筑後)に「7番・DH」で先発出場。2点を先制した初回に育成左腕・野中の142キロ直球を完璧に捉えて左越え3ランを放った。

 「ランナーを還すこともできたし、最高の結果」

 巨人から加入して3月31日のオリックス戦で1号を放つなど、開幕4試合で2度ヒーローインタビューに登場したが、以降は打撃不振に陥った。20試合出場で打率・169、3打点で4月30日に登録抹消。「打席でのボールの見え方が良くなかった」と振り返る。打撃練習から「打つべき球を芯で強く叩く」という意識で振り込んできた。5月4日以来の一発を放ち、松山2軍監督は「今までは力がボールに伝わっていなかった。今日はいい打球。ああいうのが本来の打球」と評価した。

 来週からは交流戦が始まる。昨季まで2年間は巨人でプレーして29本塁打、72打点をマーク。セ・リーグの投手を知っている強みがある。「ボールをコンタクトする確率が上がってきている。自分のスイングができつつある」。再昇格へ向けて状態をさらに上げていく。 (杉浦 友樹)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月24日のニュース