阪神・森下 好守で見せた「僅差のところで貢献できた」打っても中犠飛で貢献「つなぐという意識」

[ 2024年5月24日 05:15 ]

セ・リーグ   阪神2―1広島 ( 2024年5月23日    マツダ )

<広・神>7回1死二、三塁、中犠飛を放つ森下(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・森下が攻守両面で救った。

 1点優勢の4回2死一、二塁から坂倉の右翼後方への飛球に対して一直線で落下地点に入り、懸命に左腕を伸ばして捕球。抜けていれば同点の危機で、フェンス激突を恐れない好守を見せた。「僅差のところで(守備で)貢献できた。継続してやっていきたい」。7回1死二、三塁では2点目の中犠飛。この1点が勝敗を分け「大山さんに全部つなぐという意識で、ずっとやっている」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月24日のニュース