×

日本ハム・野村 逆転打含む会心タイムリー2本で3打点、高浜は今季3度目猛打賞

[ 2021年7月15日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム6―2オリックス ( 2021年7月14日    帯広 )

<日・オ>6回左前に逆転タイムリーを放った野村(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 日本ハムは14日、東京五輪による中断期間前の最終戦となった帯広でのオリックス戦に6―2で逆転勝ちした。野村佑希内野手(21)が決勝打を含む2安打3打点の活躍を見せれば、高浜祐仁内野手(24)も今季3度目の3安打猛打賞。後半戦の巻き返しへ打線のけん引役として期待される若武者が、ともに規定打席未達ながら打率3割台で前半戦を終えた。

 ヒーローインタビューを並んで受けた杉浦が締めで「若い力もこれから伸びてくると思うので後半戦、チーム一丸となって巻き返していきたい」と振る。すると野村が切り出した。「ケガで離脱したりしてチームに迷惑を掛けてきたけど、後半戦はしっかりチームの勝利に貢献できるように。同級生の万波と6、7番を打っているので、若い力で何とかチームを勢いづけられるように頑張りたい」。力強い言葉に、4444人のファンから大きな拍手が送られた。

 前半戦は左膝の故障で離脱も経験した野村が、節目の一戦で得点源としての役割を果たした。4回に先制の適時二塁打を放つと、1点を追う6回は2死二、三塁から左前へ逆転の2点打。試合前まで得点圏打率・175と結果を残せず「なかなか打点につながらなかった」と反省していたが、この道東シリーズは釧路の海産物、帯広の豚丼と名物を堪能。「北海道のご飯はおいしい」と力に変えた。

 打率・309の野村に負けじと、高浜も7回に適時打を放つなど3安打。試合前の打率・287から・301と3割台に乗せた。前半戦では昨季打点王の中田を不調や故障で欠いた穴を埋める活躍。後半戦は中田の復帰も予想されるが「出た時に結果を残せるように練習したい。負けない気持ちでやる」と力を込めた。

 借金12の最下位で前半戦終了。総得点242はリーグ唯一の200点台で、低迷の主因となった。栗山監督は若手に向け「もっとがっついてほしいし、もっと取りにいってほしい」と言った。後半戦で急浮上するには、若手の爆発力が必要。野村や高浜らが中断期間でさらに成長し、チームを押し上げる力となる。(東尾 洋樹)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月15日のニュース