×

横浜商・山口 7回完全!77球10奪三振、31年ぶり甲子園へ最高のスタート

[ 2021年7月15日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権神奈川大会2回戦   横浜商7―0伊志田 ( 2021年7月14日    ひらつか )

 神奈川・横浜商は、打線が伊志田との2回戦で着実に得点を重ねて7回コールド勝利。先発した144キロ右腕の山口塁(3年)は7回参考記録ながら完全試合を達成した。77球で10三振、内野ゴロで8個のアウトを奪うなど、低めへの制球が抜群だった。春は準々決勝で東海大相模に2―3で敗れ、今夏は第2シード。31年ぶりの夏の甲子園に向けて、これ以上ないスタートを切った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月15日のニュース