×

天理・達「もう8割、9割は戻っている」登板なしも阪神、巨人らがブルペン調整をチェック

[ 2021年7月15日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権奈良大会2回戦   天理7-0奈良朱雀・奈良商工 ( 2021年7月14日    佐藤薬品スタジアム )

<天理×奈良朱雀・奈良商工> 今大会は背番号11を付ける天理・達(右) (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 天理のプロ注目のMAX148キロ右腕・達は背番号11で最後の夏をスタートさせた。

 選抜後はコンディション調整に苦しんだが、11日の天理大との練習試合では5回71球を投げ、最速146キロを計測。「もう8割、9割は戻っている」と復調ムードだ。

 登板はなかったが、阪神、巨人などプロ5球団のスカウトもブルペンでの調整をチェック。「背番号で野球をやるわけじゃない。ダルビッシュさんと一緒の番号ですからね」と次戦を見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月15日のニュース