×

天理 瀬の高校通算20号皮切りにコールド発進 8回から登板予定だったプロ注目の達は“温存”に

[ 2021年7月15日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権奈良大会2回戦   天理7-0奈良朱雀・奈良商工 ( 2021年7月14日    佐藤薬品スタジアム )

<天理×奈良朱雀・奈良商工> 6回1死一塁、天理・瀬は左越えに2点本塁打を放つ (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 第103回全国高校野球選手権(8月9日から17日間、甲子園)の地方大会は14日、各地で34大会204試合が行われ、奈良大会では今春選抜4強の天理が初戦突破。「4番左翼」の瀬千皓(ちひろ=3年)が6回に2ランを放つなど奈良朱雀・奈良商工を圧倒した。

 選抜4強の天理が全国制覇へ向け、コールド発進した。2点リードの6回1死二塁で4番・瀬が1ボールからの2球目変化球を左翼スタンドへ2ランすると、7回2死満塁では3番・政所(まどころ)蒼太が左翼線への2点二塁打と相手失策で走者を一掃。8回から登板予定だった達孝太を温存した。

 「流れを変えるためにも、ひと振りで決めたかった」

 節目となる高校通算20本塁打に、瀬は大きくうなずいた。今春選抜では16打数6安打5打点、打率・375と全国レベルの打力をアピール。試合序盤は、奈良朱雀・奈良商工の1メートル83の大型左腕・清水風雅の角度のある球に打ち取られたが、3打席目でしっかりと結果を残した。3番で起用された政所は、春の9番からの昇格。中軸コンビが、名門校らしい勝負強さを発揮した。

 夏の背番号1を任された左腕・森田雄斗もMAX143キロにまで伸びた直球とスライダーで投球を組み立て、7回1安打無失点。9三振を奪う好投に、中村良二監督は「背番号通りの投球をしてくれた。いい競争をしながら甲子園を目指したい」と評価した。

 大黒柱の達は選抜で3試合に登板し、459球を投げた後、左脇腹を痛めた。春季大会後には右ヒジ炎症にも苦しみ、4月からの3カ月は別メニューの調整が続いていた。その間にマウンドを守ったのが森田。「実力は達が上。でも、つけた以上は背番号1を簡単には譲れない。このまま甲子園に行けるように頑張る」と決意表明。投打の総合力を高め、春夏連続の聖地を目指す。(鈴木 光)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月15日のニュース