×

セ監督前半戦終了総括 阪神・矢野監督「チームの成長感じる」巨人・原監督「全員でよく戦った」

[ 2021年7月15日 05:30 ]

セ・リーグの上段左から阪神・矢野監督、巨人・原監督、ヤクルト・高津監督。下段左から中日・与田監督、広島・佐々岡監督、DeNA・三浦監督
Photo By スポニチ

 ▼阪神・矢野監督 開幕から本当にいいスタートが切れました。貯金もできて、首位で折り返せるというのは胸を張っていいと思いますし、チームの成長を感じています。

 ▼巨人・原監督 時間があるので、いいものは伸ばし、矯正をするところはする。(故障者が続出した中)全員で本当によく戦った前半戦だと思います。それをしっかりとつなげていく。

 ▼ヤクルト・高津監督 うまくいった部分もまだまだな部分もたくさんある。先発もリリーフも頑張った。投手力は昨年よりは多少よくなっている。若手もベテランもみんなが同じ方向を向いている。

 ▼中日・与田監督 納得できない数字だが投手陣はよく踏ん張ってくれた。やはり攻撃力、得点力をアップしないといけない。個々の能力に加え、戦術を含め点を取れるようにならないと。

 ▼広島・佐々岡監督(新型コロナ集団感染など)さまざまなことが起きて苦戦した。しっかり反省し、調整して後半戦に臨む。若手の台頭をプラスに捉え、まずは借金ゼロを目指す。

 ▼DeNA・三浦監督 納得はしていない。悔しい思いもあるし、まだたくさん取り組むべきことがある。規定投球回数に達した先発もいない。でも森、牧ら新戦力の台頭は明るい材料。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月15日のニュース