×

大リーグの球宴米国内視聴者数は微増 視聴率は過去最低 ホームラン・ダービーの視聴者数は15%増

[ 2021年7月15日 09:49 ]

大リーグの球宴が開催されたデンバーのクアーズ・フィールド(AP)
Photo By AP

 13日にコロラド州デンバーで行われた大リーグのオールスターゲームの米国内の視聴率は4・5%で、これまで最低だった2019年(オハイオ州クリーブランド)の5・0%を下回って過去ワーストとなった。

 オンエアしたFOXによれば、該当時間帯にテレビを見ていた人だけを対象にした番組占拠率(シェア)は11%。視聴率は減ったものの、実際に球宴を見た人は2019年から1%(9万7000人)増えて823万7000人となった。最も視聴者数が多かった時間帯は試合開始から1時間が経過した午後9時(米東部時間)から9時15分の間で889万7000人だった。

 AP通信によれば、大谷翔平(27=エンゼルス)が出場した12日のホームラン・ダービーの視聴者(ESPN+ESPN2の2局)は712万6000人。これは2019年の620万人から約15%アップしており、球宴本番とは異なる数値となっている。 

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月15日のニュース