×

中央学院の150キロ右腕 代打特大弾で「スッキリ」、2戦連続“本職”は回避

[ 2021年7月15日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権千葉大会3回戦   中央学院15ー1佐倉南・四街道北 ( 2021年7月14日    ZOZOマリン )

本塁打を放った中央学院・細谷
Photo By スポニチ

 打っても凄い。千葉・中央学院の最速150キロ右腕・細谷怜央(3年)の放った打球はロッテの本拠であるZOZOマリンスタジアムの左中間最深部のフェンスを軽々と越えた。まるでプロのような弾道の特大ソロ。「スッキリしました」と笑った。

 3回1死から代打で初球をフルスイング。バットでモヤモヤを吹き飛ばした。春の県大会で150キロの自己最速を記録。ところがオーバーペースからコンディションを崩した。初戦は回避し、この日もベンチスタート。巨人、中日など7球団のスカウト陣が見守る中、2回に入るとブルペン投球を開始した。登板への期待は高まったが、ベンチで相馬幸樹監督と約15分間話し合った結果、大量リードもあって見送った。

 2試合連続で登板を回避した細谷は「(状態は)8割くらい。上がっているけど、他の選手に頼れるので甘えて」とコメント。相馬監督も「調子は悪くないが先は長い」と説明した。準決勝、決勝で使用する球場でもあり、感覚を確認させるために代打で起用した。

 打線は16安打15得点で2試合連続の5回コールド勝ち。細谷は「チームのためにできることは何か考えた」とベンチでは大きな声を出してナインを鼓舞した。プロも注目する大会屈指の剛腕。マウンドに上がる日は近い。(君島 圭介)

 ◇細谷 怜央(ほそや・れお)2003年(平15)8月11日生まれ、千葉県東金市出身の17歳。小1年から野球を始め、東金西中では千葉緑シニアでプレー。球種は直球、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ。1メートル82、85キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月15日のニュース