光明相模原 プロ注目捕手・町田「悔しい」初戦敗退 1番で4の0…慶応にコールド

[ 2021年7月15日 05:30 ]

第103回全国高校野球選手権神奈川大会2回戦   光明学園相模原2―9慶応 ( 2021年7月14日    相模原 )

<慶応・光明学園相模原>慶応に8回コールドで敗れベンチに引き揚げる光明学園相模原・町田(左)と中島(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 神奈川・光明学園相模原が名門の慶応に8回コールドで敗退。第3シードが初戦で姿を消した。プロ注目の捕手・町田隼乙(はやと=3年)は、1番で出場したが4打数無安打。守備でも先発の比留間啓太、エース野村昇吾の2年生投手をリードしきれずに「捕手として、1番打者としてもチームに勢いを付けられずに申し訳なかった」と、攻守でチームを引っ張れなかったことを悔やんだ。

 同校には平塚ボーイズ時代の先輩3人の後を追って入学。昨年はコロナ禍で夏の大会が中止となっただけに「勝って先輩たちの分まで頑張りたかったので、凄く悔しい」と悔しさをにじませた。今後については「上のレベルで野球を続けたい」と話し、プロ志望届を提出する意向を示した。(秋村 誠人)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年7月15日のニュース