ロッテ2位・中森 実家を新築中“親孝行”「帰るたびに、穴が開いていたりする」

[ 2020年11月27日 05:30 ]

好物のロッテパイの実と丹波篠山市の広報誌を手にポーズを取る中森(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 ロッテからドラフト2位で指名を受けた明石商・中森が、神戸市内のホテルで契約金6000万円、年俸720万円で契約した。

 兵庫県丹波篠山市に住む両親への恩返しで、実家を新築中。「帰るたびに、知らなかったところに穴が開いていたりする。これ以上住むと危ないと思うので(笑い)」。木造2階建ての自宅は母・美幸さんの実家で築42年でプロ入りする前からの約束を実現。

 最速151キロ右腕は「ピンチでも動じない強気の投球が持ち味。1年目の目標は15勝」とさらなる親孝行を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月27日のニュース