Honda熊本 今大会初タイブレーク制し3年ぶり初戦突破 和田が走者一掃サヨナラ打

[ 2020年11月27日 05:30 ]

都市対抗野球第5日・1回戦   Honda熊本6-5日本通運 ( 2020年11月26日    東京D )

<Honda熊本・日本通運>タイブレーク延長10回2死満塁、走者一掃となるサヨナラ適時打を放ちガッツポーズするHonda熊本・和田(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 Honda熊本は延長戦にもつれ込む激闘を逆転サヨナラ勝ちで制し、3年ぶりに初戦を突破した。

 今大会初のタイブレークとなった2点を追う延長10回2死満塁から2番・和田が左翼へ打ち上げると、深く守っていた左翼手が打球を見失ってポテンヒット。この日の4安打目が走者一掃のサヨナラ打となった。

 「今までは長打を狙っていたが試合に出るため、いかに打率を残すかを考えて練習してきた。形になって良かった」と振り返った。

 ▼日本通運・沢村幸明監督(故郷の熊本のチームとの対戦で)勝って元気でやっている姿を熊本の皆さんに見せたかったが…。残念。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年11月27日のニュース