楽天の則本昂の弟・佳樹は現状維持の250万円でサイン 支配下登録目指し「兄にも相談しながら」

[ 2020年11月27日 21:29 ]

 楽天の則本佳樹投手(26)が27日、契約更改交渉に臨み、現状維持の250万円でサインした。

 則本昂大の弟で、18年の育成ドラフト2位で楽天入り。現在はフェニックス・リーグに参加中で「いろいろとチャレンジをしましたが、なかなか自分の思うようにいかなかった年だったと感じています。その中で、フェニックス・リーグから徐々に結果も出せるようになってきたの」と、球団を通じたコメントで2年目のシーズンを振り返った。

 来季に向けては「オフシーズンをうまく使って今の状態をもっと向上させられるように、兄にも相談をしながら知識と技術を身につけたいと思います。来シーズンの目標は“支配下登録”それだけです」と意気込んだ。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月27日のニュース