広島・中田 現状維持で更改、手術の右膝は順調「“1カ月で治す”と書いておいてください」

[ 2020年11月27日 16:17 ]

広島・中田
Photo By スポニチ

 広島の中田廉投手(30)が27日、広島市内で契約更改交渉に臨み、現状維持の2300万円でサインした。(金額は推定)

 今季は32試合に登板し、0勝1敗4ホールド、防御率4・28の成績を残した。「自分の成績では上がることはないと思ってました」と金額などには納得し、球団とはチーム内での役割などについて会談。「若い勢いのある子がいる中で、その子たちができないようなところを中堅クラスの僕たちが補って、今年でいったら菊池保さん、中村恭平さんだったりとかで、いけたかなと思ってます」と振り返った。

 今月17日に広島市内の病院で「右膝内側半月板損傷部分切除術」を受けたばかり。経緯に関しては「痛みが増して、膝も曲がらない状態だったので、チェックをしたいと。こういう膝の状況だったので、手術をせざるを得なかったので、手術に踏み切った」と説明した。ただ、手術直後からも普通に歩行ができる状態だと明かし、現状もランニング以外はある程度の練習メニューをこなせているという。来春のキャンプについては「わからない」というが、「僕的には1カ月で治ると思います。書いておいてください。“1カ月で治す”と」、と自らに言い聞かせるように語っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月27日のニュース