イチロー氏、神戸市で講演「47歳で球が速くなった」 学生野球の指導に意欲「見られると思います」

[ 2020年11月27日 05:30 ]

イチロー氏
Photo By スポニチ

 昨年3月に現役を引退したイチロー氏(47=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)が神戸市で開かれた新聞大会で記念講演し「現役の時は追い込むことができなかったが、今はできてしまう。47歳で球が速くなった」と近況報告し、会場を驚かせた。

 引退会見後、公の講演は初めて。司会から「近いうちに学生に野球を教える姿は見られるか」と問われると「見られると思います」と答え「引退はしたが、野球人として何かお返しできたら」と今後の活動を予感させた。イチロー氏は昨年12月に学生野球資格回復制度の研修会を受講し、今年2月に資格回復した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年11月27日のニュース