西武6位・ブランドン 対戦したい投手はソフトB・千賀「ずばぬけていた」

[ 2020年11月27日 05:30 ]

ブランドン(右)は潮崎哲也編成ディレクターに球団帽をかぶせてもらう
Photo By スポニチ

 西武からドラフト6位で指名を受けた東農大北海道オホーツクのブランドンが東京・世田谷キャンパスで契約金3000万円、年俸700万円で仮契約した。

 対戦したいというソフトバンク・千賀が、日本シリーズで圧巻の投球。「ずばぬけていた。その投手を打つために、意識高くレベルアップしないと」。北海道六大学リーグでは5季連続首位打者。「相手の勝負球を打ち返すのが醍醐味(だいごみ)」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年11月27日のニュース