DeNA梶谷 FA権行使表明「他球団の評価も聞きたい。自分が悔いのない決断をしたい」

[ 2020年11月27日 14:41 ]

オンラインで取材に応じる梶谷
Photo By 提供写真

 DeNAの梶谷隆幸外野手が27日、今季取得した国内FA権を行使することを表明した。

 オンライン取材に応じ「今日の午前中に、FAの書類を球団の方に提出いたしました。まず宣言しても残留というのは球団が認めて下さっているので、その中で他球団の評価も聞きたいなということで宣言をしました」と決断に至った経緯を口にした。

 06年高校生ドラフト3巡目で入団して14年。「もちろん14年間育ててもらってお世話になりましたし、そういう部分の温情もあり悩みますし、あとはもうとにかく自分が悔いない決断したいということかなと思っています」とチームへの感謝の思いも強い。6日には他球団との交渉も解禁となるが、チーム決定の際に重視したいことには「一番は残るか出るかで2択になると思うんですけど、自分の中でより成長できるというか、あとは悔いない決断ということのみかなと思っています」とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月27日のニュース