ソフトBの守護神・森が35セーブ 今季初の「回またぎ」で1点差逃げ切る

[ 2019年9月23日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク6―5オリックス ( 2019年9月22日    京セラD )

<オ・ソ>8回2死からイニングまたぎで登板した森(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの守護神・森が今季初の「回またぎ」で35セーブ目を挙げた。6―5の8回2死三塁から7番手で登板。オリックス・宗をカットボールで遊ゴロに打ち取った。

 9回もボールを先行させながらも無失点で投げ切った。回またぎには「気にしていない。打たれてもゼロで帰ってくるピッチングをやるだけ」とさらり。リリーフ総動員での接戦が続く中で「残り4試合、いつでも行ける準備をしたい」と頼もしかった。

 工藤監督も「本当に素晴らしい。同点やサヨナラとなる場面で、持っているものを出し切ってくれた。改めて最敬礼したい」と絶賛した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月23日のニュース