京産大が今季2勝目 1年生捕手・久木崎が初安打含む2安打4打点

[ 2019年9月23日 21:00 ]

関西六大学野球秋季リーグ戦 第4節1回戦   京産大6―0龍谷大 ( 2019年9月23日    わかさスタジアム京都 )

<京産大・龍谷大>9回、京産大・久木崎は2点二塁打を放つ
Photo By スポニチ

 京産大は投打がかみ合い、今季2勝目を挙げた。リーグ戦2度目の先発となった久木崎太郎捕手(1年)が初安打を含む2安打で4打点。守備では京都成章の1年先輩にあたる北山亘基投手(2年)をリードし、5安打完封をアシストした。

 「北山さんとは、初回から飛ばしていこうと話していました」
 前日22日も同じバッテリーで臨み、初回に2失点したが降雨ノーゲームに助けられた。雨の影響で北山の腕が振れていなかったことから、初回を全力で抑えることに意識を集中した。
 打撃では初球を打つ積極性が光った。4回2死二、三塁から中前へ初安打を放ち2点を先制。4点優勢の8回は2死一、二塁から三塁線を破るダメ押し二塁打で2点を追加した。

 「打順9番で期待されていない分、気楽に打たせてもらっています(笑)。8回は押せ押せだったので、甘いところに来たら打とうと思っていました」

 リーグ戦初先発だった15日の大商大戦で、今秋ドラフト候補の橋本侑樹投手(4年)にノーヒットノーランを許した。野球人生で初の屈辱を晴らすまではいかないが「いい形で勝てたのは、チームにとってプラスになります」と前向きだ。

 勝村法彦監督は「負けが続いていたので、思い切って使った。練習はきっちりやってくれているし、1試合ごとに経験して成長してくれたら」と、今後の正捕手争いが激しくなることに期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月23日のニュース