ソフトB・明石 プロ初の先頭打者弾で天敵由伸を攻略

[ 2019年9月23日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク6―5オリックス ( 2019年9月22日    京セラD )

<オ・ソ>初回、右越えに先頭打者弾を放つ明石(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは明石のプロ入り初となる初回先頭打者本塁打を皮切りに先発の山本を攻略した。山本は今季初回の被打率が前日まで・169と立ち上がりが得意な投手。被本塁打はプロ通算14本目だが、初回先頭打者弾を放ったのは明石が初めてだ。

 ◆ソフトバンク明石(プロ16年目で初の先頭打者本塁打となる5号ソロ)塁に出たかったので、ある程度(球種を)決めて打った。チームに勢いを付けられて良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月23日のニュース