巨人・古川、移籍後初白星 圧巻の3回5Kパーフェク投「ジャイアンツの一員と認めてもらいたい一心で」

[ 2019年9月23日 21:19 ]

セ・リーグ   巨人9―5ヤクルト ( 2019年9月23日    神宮 )

移籍後初勝利の古川はウイニングボールを手に笑顔(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 7月に楽天からトレードで加入した巨人・古川が3回無安打5奪三振で移籍後初勝利。「声援がボールにのった。率直にうれしいです」と声を弾ませた。

 1点ビハインドの5回から2番手で登板し、山田哲、バレンティン、村上の“30発トリオ”を空振り三振に斬る快投。7回までの3イニングをパーフェクトに抑えて流れを引き寄せると、8回に味方が逆転に成功した。

 移籍後初登板初先発となった7月24日のヤクルト戦(京セラD)では1回4失点KOのほろ苦デビュー。2カ月ぶりの1軍マウンドで会心の投球を披露し「ジャイアンツの一員と認めてもらいたい一心で、全力で投げた」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月23日のニュース