履正社が4試合連続コールド勝ち 背番号20の真鍋、公式戦初安打が“サヨナラ弾”

[ 2019年9月23日 15:15 ]

秋季近畿大会大阪府予選4回戦   履正社9―1清教学園 ( 2019年9月23日    履正社茨木グラウンド )

<履正社・清教学園>8回、履正社の真鍋は左越えに2ランを放ち笑顔でホームイン
Photo By スポニチ

 今夏の甲子園大会で優勝した履正社が、4試合連続でコールド勝ちを収めた。7―1の8回1死二塁から代打・真鍋剛志内野手(2年)がコールドを決める“サヨナラ2ラン”を放った。

 「打った瞬間はレフトオーバーかと思いました。素直にうれしいです」

 2球で追い込まれたが、粘って7球目を強振。左打席から放った打球は、逆方向の左翼へ伸びてフェンスを越えた。直前に引っ張ってファウルになった打球があり、ベンチから「逆方向だぞ」という声が聞こえたことで冷静にボールを呼び込めた。

 高校通算8号で、うれしい公式戦初安打。同期の小深田が下級生からグラウンドで練習している一方、メンバー外の真鍋らはグラウンド外で仲間と励まし合いながら練習。「悔しさを感じていた。追い越そうと話していた」。背番号20を勝ち取って初のベンチ入りを果たした。

 岡田龍生監督は「まじめすぎるところがあるが、これくらいは飛ばせる力がある」と、新戦力の台頭を喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月23日のニュース