巨人、終盤逆転でV決定後初勝利 阿部&大城が連弾 古川3回完全で移籍後初勝利

[ 2019年9月23日 21:00 ]

セ・リーグ   巨人9―5ヤクルト ( 2019年9月23日    神宮 )

8回1死、同点ソロを放った阿部を出迎える巨人ベンチ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 巨人は4―5で迎えた8回に阿部、大城の2者連続本塁打で逆転。5回から登板した2番手の古川が3回無安打5奪三振のパーフェクト投球で、移籍後初勝利を挙げた。

 岡本の31号2ランなどで3回までに4得点も、先発の今村が4回5失点と踏ん張れず。それでも5回からマウンドに上がった古川が山田哲、バレンティン、村上のクリーンアップから3連続三振を奪うなど躍動し、7回までの3イニングをパーフェクトに抑えた。

 古川の快投で流れを引き寄せると、8回1死から阿部が右翼へ同点の6号ソロ。続く大城も右翼へ2者連続の6号ソロを放って逆転に成功した。直後に3番手の田口が無死満塁のピンチを背負ったが、村上を見逃し三振、中山を遊ゴロ併殺打に斬って無失点。9回に増田大の中越え適時二塁打などで3点を奪って試合を決めた。

 終盤の逆転劇で21日のリーグ優勝決定後初勝利。打線が奮起し、今年7月に楽天からトレードで加入した古川に移籍後初勝利をプレゼントした。

 ヤクルトは1点リードの8回に梅野が2者連続のソロを被弾。巨人に連勝とはならなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月23日のニュース