アストロズが3季連続の地区V バーランダーは20勝目 スプリンガーは3発

[ 2019年9月23日 13:00 ]

シャンパン・ファイトで歓喜するアストロズのスプリンガー(右端)た主力選手(AP)
Photo By AP

 ア・リーグ西地区で首位を走っていたアストロズが22日、地元ヒューストン(テキサス州)でエンゼルスを13―5で下して102勝54敗。6試合を残して3季連続の地区優勝を決め、すでにア・リーグ東地区で優勝を確定させているヤンキースと勝利数で並んだ。

 アストロズは先発したジャスティン・バーランダー(36)が5回2失点で両リーグ最多の20勝目(6敗)を挙げ、タイガース時代の2011年(24勝)以来、8年ぶりに20勝の大台に到達。2017年のワールドシリーズでMVPとなっているジョージ・スプリンガー(30)は先頭打者アーチを含め自身初の3打席連続本塁打(36号ソロ、37号2ラン、38号ソロ)を放って勝利に貢献した。

 地区優勝を決めたのはア・リーグではアストロズが2チーム目。ナ・リーグでは東地区でブレーブス、西地区でドジャースの優勝が決まっており、中地区ではカブスを下して5連勝を飾った首位カージナルスのプレーオフ進出がこの日確定した。

 アストロズに敗れたエンゼルスは70勝86敗。繰り出した6投手が計15安打を浴び、ここ4戦で3敗目を喫した。なおエンゼルスは24日と25日にアスレチックスと対戦したあと、26日からアストロズの4連戦で今季の全日程を終了する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月23日のニュース