楽天・石橋「成長感じる」8勝目 育成から這い上がり「CSでも投げたい」

[ 2019年9月23日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天7―5西武 ( 2019年9月22日    楽天生命パーク )

<楽・西>8勝目を挙げた石橋(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天の石橋が8勝目を手にした。2回までに2点を失うも、その後は5イニング連続で無失点に抑えた。中村、外崎に本塁打を浴び、7回2/3を5失点で降板したが力投に平石監督は「試合はつくってくれた。成長を感じる」と称えた。

 プロ4年目。18年には育成選手になったが、支配下に返り咲いた。オフに習得したシュートを武器に、今季は自身初の開幕1軍の座を手にした。当初は中継ぎだったが、先発に抜てきされて以降はローテーションを守り続けてきた。

 「1軍にしがみつくつもりでやってきた結果。もちろんCSでも投げたい」と力強かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月23日のニュース