あいさつ「飛んだ」頭からも飛んだ ヤクルト 引退位の三輪 ヘッスラ4連発

[ 2019年9月23日 05:30 ]

引退式で恒例のヘッドスライディングを披露する三輪(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 今季限りで現役を退く三輪の引退セレモニーが試合後に行われた。

 降雨コールドで試合終了が早まり、用意したあいさつが「全部(頭から)飛んだ」という愛されキャラは「僕みたいな選手を応援していただいて、12年間ありがとうございました」とあいさつ。どしゃ降りの中でヘッドスライディングを4連発し、観客席とベンチから喝采を浴びた。

 ≪松本直プロ1号≫2年目の松本直がプロ初本塁打を放った。5点リードの7回1死一塁から外角143キロ直球を流し打ち。右翼席へ放り込んだ。「たまたまです。使っていただいているので結果が出て良かった」。西濃運輸から17年ドラフト7位で入団。正捕手の中村を刺激する存在として期待されている。この試合は、香川から駆けつけた父親が観戦。「(記念球は)親にあげたいと思います」と笑顔を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月23日のニュース