中日 逆転CSへ残り5試合全勝が絶対条件 与田監督「最後の最後まで戦う」

[ 2019年9月23日 20:32 ]

セ・リーグ   中日3―4広島 ( 2019年9月23日    マツダ )

<広・中>8回途中降板の大野雄(右から2人目) (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 中日は今季12度目のサヨナラ負けを喫し、連勝は4で止まり5位転落。

 8回に大野雄が勝ち越しを許したが、直後の9回にビシエドの18号2ランで追い付き延長戦へ。しかし延長10回にR・マルティネスが会沢にサヨナラ打を浴びた。与田監督は「選手はよくやってくれている。勝ちに結びつけないと。その責任は痛感している」と語った。

 逆転CS進出には残り5試合全勝が絶対条件となったが、大野雄は「まだ終わりじゃない。可能性がある限り戦いたい」と語り、指揮官も「最後の最後まで戦う。それだけです」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月23日のニュース