エンゼルス、5年連続でポストシーズン進出ならず 大谷は2打数無安打

[ 2019年9月11日 14:00 ]

<エンゼルス・インディアンス>初回1死一塁から、初球の高めの直球を叩き左飛に倒れたエンゼエルス・大谷翔平(AP)
Photo By AP

 エンゼルス・大谷が10日(日本時間11日)、2年連続でプレーオフ進出を逃した。インディアンス戦に「3番・DH」で出場したが試合中に、地区2位のアスレチックスがアストロズに大勝したことで、ワイルドカードゲーム進出の可能性が完全消滅した。エ軍は15年以降、5年連続でポストシーズン進出を逃した。

 この日の大谷は初回に中飛、4回に四球、6回は左邪飛で2打数無安打。打線もイ軍の24歳右腕プリーサックに散発4安打で完封勝利を許し、3連敗となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月11日のニュース