MAX150キロ右腕の大阪大谷大・米田 プロ志望届提出を明言 試合は荒天で中止

[ 2019年9月11日 16:06 ]

近畿学生野球2部秋季リーグ 第2節第1日   大阪大谷大―大阪教育大 ( 2019年9月11日    豊中ローズ )

大阪大谷大・米田
Photo By スポニチ

 プロ注目の最速150キロ右腕、米田知弘投手(4年=橋本)を擁する大阪大谷大と大阪教育大の試合は開始直前に雷鳴がとどろき、荒天が見込まれるため中止となった。

 阪神などプロ3球団も視察に訪れていたが、天気には勝てなかった。先発が発表されていた米田は前回登板の大阪大戦で先発し7回1失点と好投していただけに「やりたかったですけど仕方ないですね」と苦笑い。16年春、秋、19年春に2部で優勝しながら入替戦の壁に阻まれているだけに「最後は自分が1部に上げて貢献したい」と、ラストシーズンに懸ける思いは半端ではない。

 今夏は肩の開きを修正し、できるだけ体に近いところで腕を振れるようフォームも改良。春のリーグ戦は3月下旬に肩を痛めていたため万全ではなかったが、今秋は何の不安もない。「春に新聞などに取り上げていただいてから、プロを意識するようになった。ここまできたら目指したい。今月中には出そうと思っています」と、プロ志望届を提出することを明言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月11日のニュース