阪神・近本 プロ578打席目で初の併殺打 初回1死からニゴロ

[ 2019年9月11日 19:25 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2019年9月11日    甲子園 )

<神・ヤ22>初回無死一塁、近本は初併殺となる二ゴロ併殺に倒れる。一塁手村上(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト1位・近本がプロ入り後初めて併殺打を記録した。

 初回無死一塁の第1打席。打球は二塁正面へのゴロとなり、ヤクルト二遊間の素早いプレーの前に、間一髪、アウト。

 快足ルーキーはここまで他の選手であれば併殺であろうという打球でも一塁に残っていたが、プロ578打席目でついに併殺打を記録した。攻撃はそのまま無得点に終わった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月11日のニュース