ヤクルト・村上“投げキッス”33号!10代最多本塁打また更新

[ 2019年9月11日 20:54 ]

セ・リーグ   ヤクルトー阪神 ( 2019年9月11日    甲子園 )

5回無死、村上は左越えにソロ本塁打を放ち、ベンチ前でナインとタッチをかわす際に投げキッスのポーズ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・村上宗隆内野手(19)が11日阪神戦の5回、33号ソロを放った。

 0-2と2点を追う5回無死、阪神先発・青柳が投じた3球目143キロ直球を捉え、逆方向の左翼席へ。4日広島戦以来5試合ぶりの一発で1点を返した。これで村上は91打点。リーグトップのDeNA・ソトの92打点にあと1点に迫った。

 ベンチの出迎えに、タッチを交わす際に投げキッスのポーズを披露。10代最多本塁打をまたも更新した19歳が、無邪気な一面も見せた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年9月11日のニュース