ブルワーズに衝撃 昨季MVPのイエリチが右膝を骨折 今季の出場は絶望

[ 2019年9月11日 13:33 ]

マーリンズ戦の初回に自打球を右膝に受けて倒れこんだイエリチ(AP)
Photo By AP

 昨季のナ・リーグMVPに選出されたブルワーズのクリスチャン・イエリチ外野手(27)が10日にマイアミで行われたマーリンズ戦の初回、スイングした際の自打球を右膝に受けてダウン。膝蓋骨の骨折で今季の残り試合の出場は絶望となった。手術を受けるかどうかはミルウォーキーで11日に受ける再検査の結果次第。ブルワーズはこの試合を4―3で勝って5連勝を飾り、今季の成績を76勝68試合としてワイルドカードでのプレーオフ進出にまだ可能性を残しているが、残り18試合は主砲を欠いての戦いとなる。

 イエリチはすでに規定打席には達しており、打率(・329)と本塁打(44本)はいずれもナ・リーグ2位という好成績で、盗塁(30)は3位、打点(97)も10位。長打率とOPS(長打率+出塁率)はいずれもメジャー全体の1位にランクされており、2年連続のMVP選出が有力視されている。なお敗れたマーリンズは51勝98敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月11日のニュース