DeNA・ソト スコアボード「7回裏」直撃の驚弾37号 ライバル坂本勇の目の前で2本差つける

[ 2019年9月11日 18:24 ]

セ・リーグ   DeNA―巨人 ( 2019年9月11日    横浜 )

<D・巨>2回無死、ソトの先制ソロホームランはスコアボードを直撃(7回裏のところ)(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 DeNAのソトが巨人戦(横浜)の2回にスコアボードを直撃する特大の先制37号ソロ。35本塁打を放っている坂本勇(巨人)の目の前で2差をつける一発を叩き込んだ。

 「5番・二塁」で先発出場。0―0で迎えた2回に先頭打者として入った第1打席で、巨人先発・桜井が1ボールから投じた2球目、高めのカットボールを叩き、打球は一直線にスコアボードへ。ちょうど7回裏のスコアを掲示するあたりを直撃した。

 中堅・丸が身動きもできない、打った瞬間それと分かる当たりにソトは「スゴーイ!ゾーンにきたボールは積極的に打とうと決めていました。大事な先制点を取ることができましたが、もっともっと得点を奪えるよう頑張ります」とコメント。

 トラックマンの推定飛距離は137メートル。ソトの打球に直撃された「7回裏」は一時その付近だけ真っ黒になったが、3回には復旧した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月11日のニュース