ヤクルト・ブキャナン、月間MVPに「うれしく、特別な意味がある」

[ 2019年9月11日 13:56 ]

<ヤ・中>ファンの声援にこたえるブキャナン(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 日本野球機構(NPB)は11日、8月度の「大樹生命月間MVP賞」を発表。ヤクルトのデービッド・ブキャナン投手(30)が投手賞を受賞した。

 助っ人右腕は先発として5試合に登板しリーグトップタイの3勝をマークしリーグトップの防御率1・64だった。18日の中日戦では、8回を4安打無失点と圧巻の投球を披露した。投手部門での受賞は球団では、2018年6月度の小川投手以来となった。

 ブキャナンは球団を通じて「たくさんいる素晴らしい投手の中から選ばれたことは、うれしく、特別な意味があると思っています。素晴らしいチームメートの献身的なプレーがなければ、この賞をいただくことは考えられないので、とても感謝しています。たくさんの力を毎日与えてくれる妻と息子にも感謝の気持ちを伝えたいと思います。今季、残りの試合は少ないですが、引き続きチームに貢献できるように、しっかりと役目を果たしたいと思います」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月11日のニュース