巨人・坂本、貴重追加点呼ぶ送りバント「出るかなと思っていた」 

[ 2019年9月11日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人4―2DeNA ( 2019年9月10日    横浜 )

8回無死二塁、犠打を決める坂本勇 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人は主将の今季2個目の送りバントが貴重な追加点を呼んだ。1点リードの8回無死一塁からけん制悪送球で走者が二塁へ。坂本勇は「二塁に行った時に(サインが)出るかなと思っていた」ときっちり決め、丸の左犠飛で3点目をもぎとった。

 原監督は「あそこはやっぱり何とか三塁に送る。安打を打つことも重要ではあるけど、そちらを重視した。一発で決められたのが相手にプレッシャーをかけることができた」と評した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年9月11日のニュース