DeNA、エース今永で5連敗 巨人と痛恨5差 ラミ監督「まだ終わったわけじゃない」

[ 2019年9月11日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA2―4巨人 ( 2019年9月10日    横浜 )

6回2死一塁、岡本(左)に逆転2ランを浴び、頭を抱える今永(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 3連勝をもくろんだ直接対決のカード初戦で痛恨の黒星。今季4度目の5連敗にも、DeNA・ラミレス監督は「残り12試合、まだ終わったわけじゃない。明日勝って連敗を脱出すれば勢いに乗れる」と懸命に前を向いた。

 リーグ投手3冠のエース今永がこの日に合わせて中8日で先発。岡本に手痛い一発を浴びたが、7回2安打2失点で10奪三振と粘った。一方で打線はソロ2本による2点のみ。5連敗中は1試合平均2・6点で、指揮官も「打てなければ勝てない」と敗因に挙げた。

 左手薬指剥離骨折の伊藤光が、11日に1軍復帰の見込み。左手有鉤(ゆうこう)骨の摘出手術を受けた宮崎も早ければあす12日に1軍昇格する。宮崎はこの日のイースタン・リーグ西武戦で実戦復帰。本塁打を含む2安打を放ち、ラミレス監督も「近いうちに1軍に戻る」と期待を寄せた。 (鈴木 勝巳)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月11日のニュース