広島・九里1球に泣く 初対戦ロペスに決勝弾浴び「悔しい」

[ 2019年8月19日 05:30 ]

セ・リーグ   広島0―1DeNA ( 2019年8月18日    横浜 )

広島先発の九里(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 広島の九里は1球に泣いた。0―0の7回、途中出場でこの日、初対戦となったロペスに初球の真ん中低めツーシームを左翼席に運ばれる先制ソロが、そのまま決勝点となり自身初の4連勝はならず。6敗目(6勝)を喫した。

 「先に失点しないようにと思っていた。ある程度、(ストライク)ゾーンで勝負していきながら投げられていただけに、打たれたのは悔しい」

 前回11日の阪神戦では6回途中2失点も連続四球をきっかけに失点しての降板。この日の与四球は2回2死から戸柱に与えた一つだけ。後続も打ち取りピンチを拡大させることはなかった。7回3安打1失点に、緒方監督からは「いい投球をしてくれたので何とか勝たせてあげたかった」とねぎらいの言葉をもらった。

 「悪い時は相手を考えすぎてボールが先行する。一人一人勝負していこうと。(これを)継続していくことが大切」。安定感抜群の右腕が、残り試合での登板で白星を先行させる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月19日のニュース