阪神ガルシア11戦勝ちなし 不運失点「誰も責めることはできない」

[ 2019年8月19日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3―6巨人 ( 2019年8月18日    東京D )

4回に3失点したガルシアは険しい表情を見せる(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 阪神・ガルシアは不運な形で招いたピンチで粘れず4回5安打3失点で降板し、6月2日の広島戦で挙げた2勝目を最後に11試合連続で白星をつかめなかった。

 「不運な当たりもあったけど、野球では起こりえること。誰も責めることはできない」

 3回まで無失点と快調な滑り出しを見せた矢先の4回だ。無死一塁から阿部の浅い飛球が中前打になり、1死一、三塁から増田に先制の左越え三塁打を浴びた。投手の山口にも適時二塁打を許し、5回の攻撃で代打を送られた。

 「(投球は)自分としては良かった。4回しか投げてないので、次はしっかりと投げたい」。7敗目が付いても首脳陣からは投球内容を評価され、今後も先発陣の一角を担うことは濃厚だ。助っ人左腕の逆襲が見たい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月19日のニュース