三田フレンズ 完封リレーで初出場1勝!落合主将 決勝打&2番手で登板と投打に活躍

[ 2019年8月19日 16:38 ]

スポニチ主催高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球マクドナルド・トーナメント1回戦   三田フレンズ(神奈川)1―0玉祖野球スポーツ少年団(山口) ( 2019年8月19日    神宮 )

リリーフ登板し最後の打者を抑えてガッツポーズをする三田フレンズの落合主将
Photo By スポニチ

 息詰まる投手戦となった初出場同士の対決を、三田フレンズが制した。先発・志村隼投手(6年)が5回、2番手・落合奏翔内野手(6年)が2回を無失点。志村克己監督は「しんどい展開。1―0は今年なかったと思う」と激闘を振り返った。

 試合を決めたのは落合のバットだった。「4番・三塁」で先発出場した主将は、6回2死二塁から左前に先制の適時打。裏の守備からマウンドに上がり、6、7回と1安打ずつ許したが得点を許さなかった。落合は「絶対に打ってやろうと思った。投げる方は緊張したけど、どんどんストライクを取っていこうと思った」と笑顔を見せた。

 投手の肩、肘を守るため、今大会から70球の球数制限が導入された。志村は5回を投げたところで67球。打者との対戦中に70球を超えた場合はその打席終了まで投げられるが、志村監督は「ランナーなしで代えたかったので、思い切って回の頭から(リリーフを)」と、この回限りでの交代を決断した。指揮官の三男である先発の志村は「低めを心がけた。今日はいいペースで投げられた」と胸を張った。

 三田フレンズは初出場で、厚木市のチームとしても33年ぶりの出場。志村監督は「一戦一戦という思いで、ここまできた。選手には、思い切り楽しんでやろう、と話している」と今後も一戦必勝で臨む構えだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月19日のニュース