平野 IL入り、右肘炎症 メジャー2年目で初の故障離脱

[ 2019年8月19日 02:30 ]

ダイヤモンドバックスの平野
Photo By 共同

 ダイヤモンドバックスの平野が右肘の炎症で10日間の負傷者リスト(IL)に入った。メジャー2年目で故障による離脱は初。ここ数試合は強い張りや可動域が狭まるなどの症状が出ていたが、精密検査で骨やじん帯の異常は見つからず、今後は炎症を抑える作用などがあるコルチゾン注射を受けて様子を見る。

 平野は「普通にしていたら治る」と説明を受けたそうで「しっかり、一日でも早く戻れればいい」と話した。今季は55試合で4勝5敗1セーブ、防御率4・89。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月19日のニュース