八戸学院光星“坂本2世”武岡主将、最終打者に悔し涙…プロで雪辱へ

[ 2019年8月19日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第12日準々決勝   八戸学院光星6-7明石商 ( 2019年8月18日    甲子園 )

涙ながらに甲子園を去る八戸学院光星・武岡(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 八戸学院光星(青森)の武岡主将は悔し涙が止まらなかった。1点を追う9回2死二塁で右飛に倒れ、最後の打者に。プロ注目の左打者は6打数無安打に終わり「引っ込み思案の自分を皆が励ましてくれ、成長できたのに…。ついてきてくれた選手に感謝したい」と声を詰まらせた。

 同じ遊撃手でOBの巨人・坂本勇に憧れる「坂本2世」は、国体終了後にもプロ志望届を提出予定。初優勝の悲願は「これから頑張ってもっと勝ってもらいたい」と後輩に託し、「もっと自分を信じて、チャンスで一本打てる打者になりたい」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月19日のニュース