西武10試合連続2桁安打ならず 6回以降9三振 ソフトBに逆転負け

[ 2019年8月19日 05:30 ]

パ・リーグ   西武4―5ソフトバンク ( 2019年8月18日    ヤフオクD )

8回、選手交代を告げる辻監督(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 西武は首位ソフトバンクとの直接対決に敗れ、ゲーム差は再び5に広がった。5回に勝ち越しに成功したが、6回以降は6者連続三振を含む9三振。チームは7安打に終わり、10試合連続2桁安打の球団新記録はならなかった。

 辻監督は「5点目が先に取れなかったのは苦しかった。チャンスはあったけど」と嘆いた。3番手・平井は7回に1死からグラシアルに死球を与え、松田宣、明石に二塁打とされて逆転を許し「もう少し冷静に投げられれば良かった」と反省を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月19日のニュース