楽天・浅村、34打席ぶり安打が執念ドロー弾「ホッとしています」

[ 2019年8月19日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天4―4日本ハム ( 2019年8月18日    札幌D )

7回2死二塁、同点となる2点本塁打を放つ浅村(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 楽天・浅村が2点を追う7回2死二塁で、この回から登板した堀のスライダーを中越えへ同点2ラン。11日のオリックス戦から6試合連続無安打で、実に7試合、34打席ぶりの安打が試合を引き分けに持ち込む貴重な一発となった。

 「とにかくつなぐという気持ちだった。結果的に追いつけたのでホッとしています」と安どの表情。2回までに3点をリードされる苦しい展開だっただけに、平石監督も「よく同点に追いついてくれたし、最後までよく守ってくれました」と話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月19日のニュース