オリックス 8・25日本ハム戦でブライアント氏が特別始球式

[ 2019年8月19日 14:21 ]

元近鉄バファローズのラルフ・ブライアント氏
Photo By スポニチ

 オリックスは、8月25日の日本ハム戦(京セラドーム)で、元近鉄のラルフ・ブライアント氏が特別始球式に行うと発表した。

 23日からの日本ハム3連戦は「BS夏の陣 2019 supported by 個別指導キャンパス」と銘打って、黒の特別ユニホームなどを着用するが、イベントの盛り上げ役として、ブライアント氏に白羽の矢が立ったもの。

 ブライアント氏は3度の本塁打王獲得など、日本通算259本塁打を放った伝説の助っ人。来日当初は中日に入団したが、シーズン途中に近鉄に移籍して大ブレークした。今季、中日からトレード移籍したモヤと経歴が似ていることから、ファンの間では「第2のブライアントになって」と注目されていたが、本人登場となれば、クライマックスシリーズ出場を目指すチームには追い風となりそうだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月19日のニュース