日本ハム、死闘ドローで5割復帰お預け サヨナラ機で3者連続三振

[ 2019年8月19日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4―4楽天 ( 2019年8月18日    札幌D )

ベンチで試合を見る栗山監督(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは今季最長5時間15分の死闘も今季5度目の引き分けに終わった。

 栗山監督は延長10回に変則左腕・高梨から無死二塁とし4番・清宮を迎えた場面で代打バント要員として谷内を選択。「左打者は難しいので(5番の)ナベ(渡辺)で勝負しようと思った。三塁に置けば相手にプレッシャーがかかって何か起こると思った」と送り出した谷内は2球バント失敗で送れず死球で歩くと、渡辺から3者連続三振。勝率5割復帰はお預けとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月19日のニュース