明石商・安藤が特大3ラン 春準決勝以来の一発「勝った試合で打ててセンバツよりうれしい」

[ 2019年8月19日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第12日準々決勝   明石商7-6八戸学院光星 ( 2019年8月18日    甲子園 )

2回2死一、三塁、3点本塁打を放ち、宮崎(手前)に出迎えられる明石商・安藤(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 明石商(兵庫)の安藤が3―1の2回2死一、三塁でバックスクリーン右に特大3ランを放った。今春のセンバツ準決勝以来の一発に「うまくヘッドを立てて打てた。勝った試合で打てて(負け試合だった)センバツよりもうれしい」と胸を張った。

 3回戦まで打点のなかった4番打者が、初回の先制適時打を含め4打点。「自分が打てなくてチームが苦しんでいた。貢献できて良かった」と安どの笑みだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月19日のニュース