メッツのアロンソが40号 ナ・リーグ新人記録を更新

[ 2019年8月19日 11:40 ]

ロイヤルズ戦で今季40号を放ったメッツのアロンソ(AP)
Photo By AP

 球宴のホームラン・ダービーを制したメッツのピート・アロンソ一塁手(24)が18日、カンザスシティー(ミズーリ州)で行われたロイヤルズ戦の9回にロ軍5番手のジェイコブ・バーンズ(29)から左越えにソロ本塁打をマーク。今季出場123試合目で本塁打数は「40」となり、2017年にドジャースのコーディー・ベリンジャー(24)が132試合で樹立していたナ・リーグ記録(39)を更新した。

 ア・リーグ記録はヤンキースのアーロン・ジャッジ(27)が2017年に樹立している52本(出場155試合)。アロンソはメッツのシーズン最多本塁打記録(トッド・ハンドリーとカルロス・ベルトランの40本)にもあと1本と迫っている。

 アロンソ(1メートル93、111キロ)はフロリダ大から2016年のドラフト2巡目(全体64番目)に指名され、昨季は2Aと3Aで計36本塁打(132試合)をマーク。メジャー昇格を果たした今季は打率・271、40本塁打、95打点という成績を残している。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月19日のニュース