ソフトBデスパ「千賀のために」4番の仕事だ先制打 工藤監督「勇気になった」

[ 2019年8月3日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2-0日本ハム ( 2019年8月2日    札幌D )

6回2死一、二塁、先制の適時打を放つデスパイネ(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのデスパイネが4番の働きをこなし、チームの勝利に貢献した。0―0の6回2死一、二塁からしぶとく右前に先制適時打。「千賀が素晴らしい投球をしていた。千賀のために何とかヒットを打って打点を挙げたかった」と振り返った。

 工藤監督は「ああいうところで一本出て、チームにも千賀にも勇気になった」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月3日のニュース