筑陽学園・西舘「甲子園の実感湧いてきた」 強豪・作新学院と初戦

[ 2019年8月3日 20:19 ]

第101回全国高等学校野球選手権 組み合わせ抽選会 ( 2019年8月3日    大阪市 フェスティバルホール )

投内連係に汗を流す筑陽学園・西舘昴汰(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 2季連続出場の筑陽学園(福岡)は6日目第1試合で作新学院(栃木)と対戦する。

 江口祐司監督は「9年連続出られているので、胸を借りるつもりで一生懸命頑張りたい」と話した。背番号10から1番に“昇格”した西舘昂汰投手(3年)は「甲子園に出る実感が湧いてきました」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月3日のニュース